一人暮らしの収納

一人暮らしの
収納の悩みを解消


もし、仮に…
あなたが部屋の狭さで
困っているとするのなら…

この私なら、
一人暮らし
収納の悩みを一発解消する
収納家具を、
御提案することができます。

平面的な制約
立体的な効率
解消するのです。

いきなり結論。
中型衣装ケースが最強。

中型衣装ケース

中型衣装ケースで
収納の悩みを解消


中型衣装ケースが最強

1コとかじゃなく、
24コ以上。

コレが快適な空間と
満足できる大容量の収納を
もたらします。

もっとも
効率いい場所へ配置でき、
もっとも
効率のいい容量を
確保できます。

  1. アイデアの方向性
  2. 決まった場所に収まる
  3. 悩みが消える
  4. 引越しを想定する
  5. 強い習性を利用する

アイデアの方向性

アイデアの方向性



アイデアの
方向性としては…

平面的な制約
立体的な効率
解消するのです。

これで収納に関する
諸問題は解決します。

効率とはナニか?ズバリ…
置く場所を決めるのが
キレイの秘訣。

部屋が散らかると
いうことは、

イコール、

「決まった場所」に
「置かれてない」ということ。

もしくは、
置く場所が決まっていない
…ということ。

だからこそ、

中型衣装ケースが最強

それは、なぜ?

人間は…
「空き箱」に何かを
「入れたくなる」
「ものすごく強い習性」があり、

「機能的な空き箱」を
用意できれば
人間の習性が勝手にキレイに
収納してくれるんです。

決まった場所に収まる

決まった場所に収まる




中型衣装ケースさえあれば
決まった場所に収まるのです。

もし、仮に、
置き場所が決まらない…
置き場所を決められない…
そういったモノが
あったとしても…
勝手に
決まった場所に収まるという
とても都合のいい現象。

それは、
機能的な空き箱が目前にあれば
人間の強い習性によって
「勝手に」実現される。

もう、イチイチ
考えなくていいんですよ。
思い悩むこと無く
無意識に済んじゃうのです。

そこに、
「何かを努力」しようとか
「意識を変える」とか
「片付けしなくちゃ」とか
…必要ない。
片付けの概念すらなくていい。

悩みが消える

悩みが消える




「勝手に」「悩み」が
飛んで消える。

そのための…
「機能的な空き箱」
…っていうのが、
中型の衣装ケースに
相当します。

ポイントは「機能的」って
トコロでして…

価格で選ぶのではなく、
機能で選ばなくては
いけません。

機能的でないと、
人間の強い習性が
良い方向に
働いてくれないのです。

じゃ、中型の衣装ケースの
機能ってなに?

大きさ。強度。
クリアか、有色か。
引き出し式か。上蓋式か。
重ね連結の安定度。

このあたりを
「目的にあったもの」にする。

「目的にあったもの」って、
どう判断するの?

それにはコツがあります。

ズバリ…
「引越しを想定」すること。

引越しを想定する

「引越しを想定」すること




イメージしてください。

もし、仮に、あなたが…
今週末、急に引越しの必要に
迫られたとして…

今から荷造りって、
猛烈に
めんどくさくないですか?
めちゃめちゃ
大変じゃないですか?

もうちょっと
イメージしてください。

もし、部屋に30個程度の
引き出し式の中型衣裳ケースに
衣類家財がキッチリと
収納されているとします。

その状態って…
引越しの荷造りが
ラクじゃないですか?

引き出しが出てこないように
養生テープでグルっと
ひと巻きして
個別に搬出すれば、
ラクじゃないですか?

荷造りする…んじゃなく、
初めから
荷造りが済んでいる。
っていうか、
荷造りが必要ない。
っていうか、
荷造りっていう概念がない。

あくまで
「一人暮らしに限って」いうと、
究極の収納って、
そういうコトだと思うのです。

例えば、引越しのとき、
業者さんに、見られたくない
衣類があるのなら…
「有色」で中が見えない
衣裳ケースにすべきだし、

消耗品などを保管するケースは
視認性を高めるために
中身が見えるクリアな
ケースがいい…

大きい衣裳ケースに詰め込むと
重くなるから、
中型程度がいい…

…などなど、
引越しで業者さんを
頼んだときにスムーズに
コトが進むかどうかを
考えるということは、
日常の段階で求められる
機能を完全に包括する
考え方なので、
判断に便利なんです。

「急な引越し」を想定した
部屋作りは、
とてもとても機能的。

これを達成するのに
非常に便利なのが
引き出し式の
中型衣装ケースなのです。

もちろん、
中身が透けて見えない
有色のモノも必要だし、

中身が透けて見える
クリアのモノも
機能的で便利です。

どちらがいいか?
…じゃなくて、
目的に合ったモノを
必要な数だけ揃えるんです。

もっとも
面倒くさい状況を想定し、
目的に合ったモノを
必要な数だけ揃える。

それができなければ?
機能的な収納にならないだけ。
それができれば?
機能的な収納になるだけ。

どうして言いきれる?

だって、
人間には「強い習性」が
あるでしょ?

イメージしてください。

今、あなたの部屋に12個の
引き出し式の中型衣装ケースが
積んであったとします。

中身がカラの収納ケースです。

猛烈に、
何か入れたくありませんか?

っていうか、
それだけで収納問題が
解決しませんか?

強い習性を利用する

強い習性を利用する


結論。
中型衣装ケースが最強

人間には「空き箱」に
なにかを整理して入れたくなる
強い習性があります。

目的と機能が合致した
「空き箱」なら
すべてがうまくいくはずです。

うまくいかないのは
単純に目的と機能が
ミスマッチしてるだけ。

その強い習性のベクトルを
良い方向に向けるか?
悪い方向に向けるか?

その知恵の問題だよね?

価格で選ぶことで…
機能的になるのか?

機能で選ぶことで
機能的になるのか?

もし、仮に…
人間の強い習性を上手に
利用するとするなら…

あなたでしたら、
どんな衣装ケースを選びますか?

以上、カテゴリトップの
「がんばらない節約」 へ戻る。