一人暮らしで節約に疲れた

一人暮らしで節約に疲れた

節約に疲れた

一人暮らしで節約に疲れたなら…
今すぐ、節約をやめよう。

だって、疲れたんでしょ?

節約したくて、
節約してるなら、
本来、嬉々としてるはず。

そうでないなら…
節約すべきじゃありません。

疲れているというのなら…
ホントは
節約したくないはずです。
図星じゃないですか?

節約しなくていい生活へ

節約に疲れたというより
生活に疲れている

節約に疲れている
…というよりも、
生活に疲れているんだと
思います。

節約って、
何を節約してますか?

時間ですか?
労力ですか?

多分、お金ですよね?

時間でもなく、
労力でもなく、
お金なんです。

どういう、お金?
多分、出費。

特に生活費。
そこを叩くから…
だから生活に疲れる。
節約に疲れる。

節約って、
何を節約してますか?
もっと、突っ込んだ
ハナシをすると、多分、
単価じゃないですか?

単価を追うことで、
労力が増える。つまり疲れる。

単価を追うことで
自由時間が減る。
家事の所要時間が増える。
つまり、疲れがとれない。

とどめは単価を追うことで、
出費が増える。
お金を節約したつもりが
お金が余計に出て行く。

お金が余計に出て行くから
もっともっと単価を追う。
そして、もっと疲れる。

単価を追っかける
節約が疲れるのは当然です。
極めて自然なことです。

単価を追うことが
節約地獄エンドレスループの
始まりです。

自炊のために部屋の広さの求め、
自炊道具や調理家電を買い揃え、
食品材料の
単価を求めてまとめ買いし、
大量の作り置きを収納するために
大型冷蔵庫を買い求めるような、
郊外のプアーライフから、

職場の近くで自炊という無償労働の
一切を排除した
街中スローライフのほうが
良くないですか?

郊外で車や家電家具を養って、
おまけに通勤時間で疲労して…
仕事する以前に
生活に疲れませんか?

だったら、
街中で一切の道具の保有を
放棄して、その維持管理にかかる
費用をゼロにして、
職場の近くに居を構えて、
通勤時間をほぼゼロにすれば
生活に疲れることは
なくなります。

そもそも、
節約したくないなら
しなくていいんですよ。

一人暮らしで
節約をしなくちゃいけないほうが
なんだか、おかしい気がします。

ま、私も、
郊外のプアーライフで
生活に疲れていた人でした。

今は街中スローライフに
切り替えてます。

そしたら、
生活に疲れなくなった。
仕事のクオリティが上がった。
収入が増えた。

その結果、
節約をしなくて良くなった。
そもそも、
郊外のプアーライフでの
生活費は月額18万円
かかってましたが、
今の街中スローライフでは、
生活費は月額9万円以下です。

生活費は半分で収まり、
自由時間は増えまくり、
収入も上がった。

一人暮らしでは
仕事と家事の両立はしなくていい。
そんなことしようとするから、
したくもない節約で
疲れるハメになるのです。

私は、郊外での無償労働を
人生に課すのをやめました。

その結果、郊外に住むのを
やめました。

住近接。住近接。

だからこそ、一人暮らしで
節約に疲れたくないなら、
節約なんかやらなくていい。
むしろ、やるべきではない。

水回りなどの共用部の
維持管理を業者に任せるという
シェアハウスという選択肢。

郊外での無償労働に付帯する
生活家電設備の維持費を
仕事で稼ぐのではなく、
自分の快適生活を支えてくれる
善良業者に払うお金を
仕事で稼ごう。

無償労働の道具に
お金を払うのか、
自分の快適生活に
お金を払うのか、
どちらか有意義なほうを選ぼう。

自分でしたほうが「安い」は
実は、自分の人件費を
無視しているがための勘違い。
多くの場合は
他人にしてもらう方が「安い」

さらば、郊外のプアーライフ。
そして、ようこそ
街中のスローライフへ。

単価を追うことで
労力が増える

単価を追うことで
労力が増える

単価を追うことで起こること。

単価を求めて
まとめ買い
大量の作りおき

まとめ買いって、
会社帰りの「ついで」では
済みません。
休日にわざわざ行くのです。

大量の作りおきって、
平日の夜では済みません。
わざわざ休日にするのです。

こんなことは一例に過ぎなくて、
一括購入による
物資の大量調達は、
その在庫管理に多大な手間を
生み出すのです。

ついでに、
作りおきの在庫管理や
鮮度管理も発生します。

で、その労力は、
おいくらの金銭的効果を
もたらしたのでしょう…?
って、ハナシです。

むしろ、管理の費用や
そこに付帯する水光熱費を
増やしてませんか?

単価を追うことで
自由時間が減る

単価を追うことで
自由時間が減る

労力が増えたということは、
それらを「してる時間」も
増えている。

その結果、自由時間は減る。

単価を求めると、
さまざまな家財道具が
増え始めます。

まとめ買いに耐えうる
大きな冷蔵庫。
まとめ買いするためのクルマ。

大量に炊ける
高価かつ大型な炊飯器。

限られた現金で最大量の
物資を調達する考え方は、
原材料などの物資のみならず、
道具の数を増やすのです。
設備の大きさを要求するのです。

その結果、
道具と材料の保管のために
部屋の広さを求めます。

広さの単価を求めて
より、郊外へ。

これで日々の
移動時間が増えます。

作りおきで時短したつもりが
その10倍の移動時間を
生み出してる。

そんな望まぬ時間が増えることで
ますます生活に疲れていく。

単価を重視することは、
すなわち、物資のを重視する。
そして、時間を軽視する。

単価を重視する人の
財産の基準は…
お金の量ではなく、
物資の量なのです。

物資と道具を大事に使う良識が
ますます手間を増やしてる。
自分の時間を奪っていく。

出費の節約とは、
自分の時間を減らし、
労力を増やすこと。
当然、疲れる。
でも、それが自然なこと。

ちなみに、
物資の一括購入で下がる
単価を求めて
現金をドカンとぶっこみ、
管理すべき物資の量
山のように抱え込み、
管理の手間と時間が増えて
慢性的に忙しい…

財産の基準が
お金の量ではなく、
物資の量だから…
所持金が少なく、物が多い。

こういう状況が…
貧乏、ヒマなし。
貧乏、物が多い。
…これらの表現にピッタリと
当てはまるのです。

【 参考関連記事 】
貧乏さんが物が多いのは
なぜですか?
お金と物資と質と単価。

単価を追うことで
出費が増える

単価を追うことで
出費が増える

節約は、お金がかかるのです。

単価を求めて
まとめ買い。
作りおき。

その結果が、
大きな冷蔵庫とクルマ。

まとめて思考が
家具家電の専用化・大型化を
招いています。
当然、その購入費用も莫大です。

入り口の単価のことばかり
考えて、出口の効果や
利益のことは考えない。

だから、
低単価の累積で得た金額より
購入費用と維持費のほうが
大きいということに気づけない。

大型化した家財道具に
追われるように
広さの単価を求めて郊外へ。

郊外という「離れ」を作って、
あらゆることの
所要時間を増やします。

特に通勤時間はヤバい。
下げた単価で貯めた金額を
台無しにします。
って、いうか、
それどころじゃないかも。

「単価」を求めて
「まとめて」したのに
「出費は増大」…そのせいで、
「手持ちの現金」はカツカツで
「後戻り」ができない。
「取り返し」がつかない。

こんなカンジで
節約に疲れた生活は続きます。

突きつけられた
「貧乏」という現実に
気づかないフリをして
疲弊した生活を続けなくては
いけません。まさに地獄。

こんな生活にピッタリな
表現は…
貧乏、暇なし。
貧乏、物が多い。
郊外のプアーライフ。

え?私ですか?
もちろん、私も以前は
そうでした。郊外のガチ底辺。
だから、知ってるんですよ。

私の場合…
「より郊外への引越し」を重ね
単価を求めた節約の結果が、
通勤時間2時間の郊外で
月額生活費18万円の疲弊生活。
見事なまでの黒歴史。

「真逆」の間違った方向に
限界まで進みきった感が
ありますね。

節約に疲れ切って
心身ともに衰弱しきって
おりました。

気づかないフリをし続けるのに
心が折れて、悔し涙で
心が洗われて素直になるまで
意地を突き通しました。

よくやった、自分。
底辺の中の底辺まで
たどり着いた。

今?
月額生活費9万円以下の
スローライフです。
節約なんか考えてない。
したいことをしてるだけ。
生活に疲れるなんてないし、
ストレスもゼロ。

節約は、本来、とても
お金がかかるのです。

原材料の単価を抑える節約は、
膨大な固定費を消費する
大規模設備を要求されます。
結局、大幅な赤字です。

その設備を維持する価値が
「一人暮らし」にあるのか?
「一人暮らし」に適すのか?

その赤字を払いつづける
意味はあるのか?
その義務感はどこから来るの?

単価を追いかけた結果が
郊外のプアーライフ

単価を追いかけた結果が
郊外のプアーライフ

効率を求めて
物資や道具を増やすことは
悪いことなのか…?

そうじゃありません。
効率がいいに越したことは
ありません。

ただ、一人暮らしの目的を
考えたときに、
その作業単体の効率は
人生全体の効率に寄与するのか?
一人暮らしの目的を
果たせるのか?

残念ながら、
多くの場合、道具の保有は
あまり目的達成に寄与しない
…ことが多く、
残念ながら、むしろ金額的負担で
足を引っ張ることが多い。
あくまで…多い。

なぜか?
一人暮らしだから。
集団生活じゃないから。

そして、
その道具を所持したことによる
作業単体の効率が
人生全体の効率に寄与するか
天秤にかけたことがないから。

もちろん、試すのは悪くない。
むしろ、とても素晴らしい。
でも、
気づいたら、やめよう。
気づかない振りも、
もうやめよう。

こんなカンジで…
低単価を求めて
特売品を追っかけるから、
生活に疲れることになるのです。

「やりたくない」なら、
「やらなくていい」を、
「選べば」いいだけ。

「し続けないと」を選んでおいて
「しないで文句」言わないよね?

「なりやすい」を避けておいて
「なれずに文句」言わないよね?

もちろん、聡明な皆様は
そんなコトするワケないよね?

ま、
郊外暮らしの底辺貧乏だった
以前の私はしてたけどね。
「し続けないと」を選んでおいて
「しないで文句」…言ってたし、
「なりやすい」を避けておいて
「なれずに文句」…言ってました。

「なりたい」ならば
「なりやすい」を選べばいい。

「やりたくない」なら、
「やらなくていい」を、
「選べば」いい。

なんでも、自分で
道具の所持専有
まとめて…の低単価
広さを求めて郊外
物量維持のため固定費増大…
家事という無償労働への
盲目的従事…

…このあたりを考え直し、

自分の人件費を
ゼロ円としておとしめて
家事とかいう無償労働に
強制従事させるブラック企業も
真っ青な悪虐思考から、

抜け出してみませんか?

そんな思考で自分を縛れば
そりゃ、疲れるし、
イヤにもなるよね。

さあ、いまこそ、
郊外のプアーライフから、
街中のスローライフへ。

特売食料品の微細な差額を
追っかけるような
「自炊思考」を完全排除した
街中スローライフなら、
部屋にキッチンなんか
なくてもいい。

自炊をしないと決めれば、
節約なんかしなくていい。
特売品の単価を
追っかけなくていい。

これからの一人暮らしは
入居手続きや身分証明の
ハードルが高い
不動産の賃貸契約よりも、

家具家電付きの個室と…
管理された共用部の…
サービスを買うという形で…

長期滞在のホテルみたいに
チェックイン感覚で入居
…というのが一人暮らしの
主流になるかもしれません。

いっときの微々たる差額に
惑わされること無く、
人生全体の
利益になることだけを買う。

節約疲れたなら、
節約しなくてもいい生活へ。

そう、
ホテルに住むような生活へ。

ちなみに、私が郊外の
プアーライフをしてた頃は
毎月の生活費は18万円以上
かかっていましたが、
街中スローライフを
実践した今では
毎月の生活費は
9万円以下ですよ。

幻想じゃないです。
現実であり、事実です。