無料Wi-Fiだけ

無料Wi-Fiだけで
生きる秘訣




インターネット
無料
できればいいのにな。

結論、
インターネットは
無料で出来ます。

無料Wi-Fi
可能にしてくれます。

このページは、
無料インターネットだけで
生きる秘訣のお話です。

すでにスマホを
持っているけど、

ギガを節約したいって
人にも向いてます。

公衆無線LANだけ

匿名端末を匿名回線で
使うってこと




その方法とは、
匿名端末を匿名回線で
使うってこと。

自分が契約している
ワケではない
誰もがカンタンに
利用できる
無料の公衆WiFi回線で、

個人情報がカラッポの
端末を使えばいいという
お話です。

2019年10月現在、

Y!モバイルの
ガラケー通話のみプラン…
ケータイ
ベーシックプランSS
とか、

各社、
インターネット接続なしの
SMSと通話」のみSIMなど、

月額900円程度の
ネット無し通話のみサービスが
存在しています。

月額900円って、
安いですよね。

…そこで、
根っからの貧乏である
私なんかは、

考えちゃうワケです。



「SMSと通話」のみプラン
だけ契約して…

インターネットが無料で
できればいいのにな。

結論、
インターネットは
無料で出来ます。

無料Wi-Fiだけで…
公衆無線LANだけ
生きていく。

そんな方法をご紹介。

無料Wi-Fiと、
格安中古スマホ
Murakumo の組み合わせ。

コンビニ行って
パパっとダウンロードして、
帰って楽しむ。
でも、無料。完全匿名。
これぞ、貧乏ライフ。

個人情報カラッポで
SIMも挿さってない端末
だからこそ、匿名。

自分で契約してない回線…
勝手に飛んでる
無料Wi-Fi電波
だからこそ、匿名。

匿名端末を
匿名回線で使う。

だからこそ、
1台持っておきませんか?

私は、送料込み
2000円以下で
調達してます。

  1. 中古スマホを無料Wi-Fiで使う
  2. 公衆無線LANって何?
  3. 無料Wi-Fiでギガ節約?
  4. 無料Wi-Fi専用端末の選び方
  5. 無料Wi-Fiへの接続方法
  6. 無料Wi-Fiを安全に使いたい
  7. ネット回線無料の生き方
  8. 貧乏でお金がないから
    無料を選ぶわけじゃない

中古スマホを
無料Wi-Fiで使う

中古スマホを
無料Wi-Fiで使う




通話のみプランのガラケーで
インターネットを
するワケじゃありません。

ポイントは2点。

中古スマホと
無料Wi-Fiですね。

中古スマホとか、
中古のタブレットを
使います。

中古スマホって
お値段は?

私は、
2000円以下のモノを
使っています。

中古スマホ端末って、
回線(SIM)なくても、
無線LAN(WiFi)で
使えるんですよね。

私が実際に
2019年10月に買った
中古スマホは…

HUAWEI 503HW
Android 5.0

送料込みで2000円

背面に目立つキズがあり
側面にハゲや欠けが
あるくらいで
そこそこキレイ。

電池もヘタってないし、
Google Playも
この段階では
使えているし、
機能的に不備なし。

これで送料込み
2000円…

まぁ、実際、
こんなもんです。

中古の中華端末なんか、
クソ安い。

外装のキズとか
見ためとか
気にしなければ、

5インチ液晶で、
現行アプリが
問題なく使える端末が

2000円前後で
手に入るんです。

この端末に、
Google捨てアカウント
を設定して使います。

もしくは、
Googleアカウントすら
設定せずに

個人情報カラッポで
使います。

公衆無線LANって何?

無料Wi-Fiとか、
公衆無線LANって何?




無料Wi-Fi…

またの名を、
公衆無線LAN。

乱暴な言い方をすると、
同じモノって認識で
いいです。

無料Wi-Fiとは、
何をするものか?

無料でインターネット
するものです。

無料Wi-Fiって、
どこにあるの?

代表的なものですと、
コンビニです。




え?

回線契約してない
クソ安い中古スマホを
持って、

コンビニに行けば、
無料でインターネットが
できるの?

そのとおりです。

無料で?…そうです。
誰でも?…そうです。

いつでも?…そうです。

接続にパスワードは?
…かかってないです。

どこでも?

…いや、
コンビニ至近の
Wi-Fi電波の届く
範囲内ですよ。

範囲って?

ざっくり、
コンビニ周辺20mくらい。
駐車場の中くらいですかね。

店員さんの許可とか
必要なの?

…そんなのいらないです。
勝手につなげていいんです。

勝手に電波が
飛んでるだけなので、
それに、勝手に
つなげるだけ。

コンビニ店内に入らなくても
外の駐車場とか、
喫煙所とか、
駐輪所とか、
店の裏でもOK。


なにか、デメリットは?

それは…

無料Wi-Fiって、
通信が暗号化されてなく、
セキュリティに
問題がある点です。

つまり、自己責任。

まぁ、
誰でも無料で
使えるように
パスワード保護
してませんし、

どんな端末からでも
無料で使えるように、
暗号化してないんです。

ですから、
通販などの支払い情報や
個人情報、ID、パス、
ログインなどを
伴うインターネット利用は
しないほうがいいって
ことですね。

単に、
ホームページを見るとか、
動画サイトを見るとか、

盗聴されても、
別に問題ないっていう
インターネットの
利用方法に限れば
いいと思います。

まぁ、
貧乏のドケチさんなら、
通販もせず、
有料サービスも利用せず、
リアル店舗オンリーだと
思いますし、

ゲームなんかも
無課金のフリーライダー
だと思いますので、

コンビニの
無料インターネットで
生きていくことも
フツーに出来ちゃう
ワケですね。

無料Wi-Fiは、
セキュリティが弱い。

だからこそ、
個人情報がカラッポの
中古端末を
無料Wi-Fi接続専用に
用意すればいいのです。

その端末は?

私は送料込み
2000円くらいで
調達してます。

無料Wi-Fiで
ギガ節約?

無料Wi-Fiで
ギガ節約?




無料Wi-Fiで
ギガ節約?

すでにスマホを
フツーに所持し、

通信量を節約するために
無料Wi-Fiを
活用する方法が
流行してますよね。

実際、それで
いいと思います。

無料Wi-Fiの
セキュリティに
充分な理解があり、
通信内容も、
それに合わせて
限定すればいいだけ
ですしね。

でも、
私としましては、

回線契約している
スマホで
無料Wi-Fiは
おすすめしません。

無料Wi-Fiに
接続するなら、

個人情報カラッポの
専用端末を
用意すべきだと
思います。

その端末は?

私は送料込み
2000円くらいで
調達してます。

無料Wi-Fi専用
端末の選び方

無料Wi-Fi専用
端末の選び方




無料Wi-Fi専用
端末の選び方

安いほうが
いいっすよね?

だとすると、
iPhoneは無理です。

もちろん、
iPhoneでも
回線契約なしで
無料Wi-Fiできますよ。

ただ、中古でも
iPhoneは高価ってだけ。

だいたい
4年落ちくらいの
Android端末が
適していると思います。

まず、価格が安い。
4年落ちくらいなら、
Google Play
アプリのインストールや
更新が簡単です。

あんまり古い端末で
Android 4とか
Android 2とかだと、

Google Playから
アプリがインストール
できないので
苦労すると思います。

スマホの再利用に
詳しい技術が
ある人なら、
古くて安い端末でも
いいんですけどね。

2019年現在ですと、
Android 5なら
現役として
フツーに使えます。

まぁ、楽天で
送料込みで4000円も
出せば、
充分なモノが手に入るし、

コマメにチェック
していれば、

2000円以下でも
使えるものが出ます。

中古スマホの状態の
コトですが…

白ロム…とは、
SIMカードが
入ってない素の状態のコト。
Wi-Fi利用には問題がない。

赤ロム…とは、
前の所有者が残債がらみで
問題を残した端末。
SIMカードを挿しても
通話できない可能性大。

でも、赤ロムであっても、
Wi-Fi利用では
特に問題ない。

赤ロムは問題アリ端末なので
相場より異様に安い。
Wi-Fiで使う分には
なんら問題がないので、
Wi-Fi専用機としては
価格的に狙い目。

SIMロック…とか、
SIMロック解除とか、
SIMフリーとか、

Wi-Fi専用機として
使う分には
関係ありません。
ロックされてようが、
解除されてようが、
SIMフリーだろうが、
Wi-Fi利用には
関係ないです。

無料Wi-Fiへの
接続方法

無料Wi-Fiへの
接続方法




コンビニの近くで…

スマホの設定の…

「Wi-Fi接続」を
「有効」にします。

使用例は…(動画で解説)
LAWSON_FREE_Wi-Fi

あとは、
モロに「Free」って
書いてある電波(SSID)
を選択して
接続するだけ。

コンビニの無料Wi-Fiなら
パスワードとか
設定されてないので、

そのままインターネットに
つながります。

使い方としては、
以上です。
マジでこれだけ。

マジで、
中古スマホを持って、
コンビニ行くだけ。

それでは、
代表的なコンビニと
それに対応する
電波の名前(SSID)を
紹介します。

ローソンのSSID
LAWSON_FREE_Wi-Fi
公式ページだと
メールアドレスとか
必要らしいのですが、
2019年10月現在で
パスワードとか登録なしで
使えました。

仮に、入力を
求められても、
登録用メールアドレスは
コンビニに限って言うと
バカ正直に書かなくても
いいです。

だいたい他のWi-Fiも
メールアドレス入力が
必要って書いてあっても、
実際は不要で
いきなりつながることが
多いです。

セブンイレブンのSSID
7SPOT

ファミリーマートのSSID
Famima_Wi-Fi

店舗の待合室用のWi-Fi
DoSPOT-FREE

ご当地フリーWi-Fi
各地の自治体や
観光振興団体が
設置しているWi-Fi

ファイブゼロジャパンのSSID
00000JAPAN
緊急災害用無料Wi-Fi
まぁ、道義的にどうあれ、
平常時にも普通に使えちゃう。

こんなカンジで
フリーのWi-Fiは
街中では
いっぱい飛んでます。

しかも、上記は
ほんの一例で、
駅とか新幹線では
JRとか、
スーパーとかなら
イオンとか、
割と栄えた街中を
歩いていれば、
100m毎に
どこかにつながる。

ぶっちゃけ、
街中に住んでいれば
無料Wi-Fiで
生きていけるレベルです。

これらの無料Wi-Fiと、
低価格の
中古スマホとの
組み合わせで、

通信料金を節約…
っていうか、
インターネット代金を
ゼロにしてみませんか?

まとめます。

無料Wi-Fiなら、
無料Wi-Fi専用化した
端末で使う。

個人情報カラッポの
スマホなら、
盗まれる情報すらない。

そのコスト…

安全のための、
2000円程度の出費を
惜しむのか?

無料Wi-Fiを
安全に使いたい

無料Wi-Fiを
安全に使いたい




それでも、
無料Wi-Fiを
安全に使いたい。

無料Wi-Fiは
通信が暗号化されません。

でも、暗号化された
通信をすることは
可能です。

すでに、他の方法で
「暗号化が済んだ」
データを無料Wi-Fiで
通信する分には
問題ないです。

無料Wi-Fiは暗号化
してくれないから、
別の方法で暗号化
しておくのです。

その方法は…

VPNとか、
SSL・HTTPSとか
言います。

VPNは、内容が高度で、
しかも有料サービスなので
ここでは取り上げません。

もうひとつの、
SSL・HTTPSとは、

ざっくりいうと、
Chromeなどの
新しめのブラウザで

https://から始まる
サイトを閲覧するときは
暗号化されます。

ちなみに、このサイト…
今、ご覧の当サイトも、
https://から始まる
アドレスなので、

無料Wi-Fiでも、
暗号化されてます。

Googleの各サービスも、
https化されているので、

アプリ経由じゃなく、
ブラウザで利用する分には、
それほど
問題は起こらない。

暗号化されない通信とは
http://のサイト。
乱暴な言い方すると、
「s」があるかないかの差。

でも、
いまのご時世、
主だったサイトは
https://で運用されてますので

新しいブラウザで
フツーに
インターネットする分には

それほど、
問題にならないのです。

でも、
アプリの通信は、
https化されているのか?
というと、
一部、http://のまま
だったりします。

これが問題。

httpsとhttpを
しっかり認識できれば、
無料Wi-Fiも
それほど、
怖いものでもない。

でも、アプリからの通信は、
httpsとhttpで

どっちなのか、わからない。

だから、
極力アプリを使わず、
ブラウザを利用すれば
いいのです。


でもね、
究極のコトをいうと…

無料Wi-Fiで使う
中古スマホに、
個人情報や決済情報なんか
入れとかなければいい。

SIM入ってないなら
電話番号もないワケで…

その端末の所有者が
定義されていない。
誰の所有物か特定できない。
個人が特定できない。

仮に、
ハッキングされたとしても、

そこから
個人情報なんて、
流出しない。

だって、
入ってないんだもの。

つまりは、
無料Wi-Fiで使用する端末に、

クレジットカード情報とか、
住所とか、氏名とか、
IDとか、パスワードとか
入れなきゃいい。

Googleアカウントにも
本名とか使わなければいい。

っていうか、
Googleアカウントも
取得せずに使ってもいい。

そうすれば、
盗まれる「情報」すらない。
被害が発生しない。

インターネットを
無料でしたい。

そんな人は
そもそも、
VPNを、お金を払って
契約なんかしませんし、

通販とかせず、
リアル店舗で
現金払いだし、

通販サイトには
相場を確認するだけだし、

ゲームとかだって、
どうせ無課金だし、

仮に無料Wi-Fiで
通信を傍受されたとしても、

金額的に
被害ないんですよ。

傍受する側も
なにも得られない。

VPNとか、
SSLとか、
HTTPSとか、
アプリの技術的な仕組みとか、

そんなメンドクサイこと
知る必要もなく、

個人情報カラッポの
中古スマホなら、

なんの問題も起きない。

そもそも、
無料でインターネットしたい
って人は、

インターネットへの
依存が少ないワケで、

クレカ情報を
登録したり、
個人情報を登録して
どうのこうの…って、

使い方をしてないはずです。

ただ単に、
ログインもせず、
動画サイト見て…

検索で調べ物して…

そんなカンジの使い方なので、

回線にセキュリティって、
それほど必要でも
ないんですよね。

そんな程度の通信って、
別に傍受されたって、
構わないでしょ?

要は、
端末から個人情報が
漏れなければいい。
財産を脅かす
情報が漏れなければいい。

だったら、
初めから入れない。
そうすれば、
なにも起こらない。

個人情報や
財産に直結する情報が、
たっぷり詰まった
個人持ちスマホで

なにか起きる」ことが、
あたりまえな環境の中で、
有料のサービスを
組み合わせて
必死に予防」するよりも、

個人情報カラッポの
そもそも、

なにも起こらない
「起こりようもない」端末を
超低価格で別に1台
用意すればいいだけ。


なにも
起こりようがない端末なら、
アプリ使ってもいいでしょ?

ガラケー通話のみ
プランの人でも…

フツーにスマホを
持ってるけど、
ギガを節約したいと
考えている人でも…

なにも起こらない端末を、
別に、もう1台、
用意しませんか?

ネット回線無料の生き方

ネット回線無料の生き方




インターネット回線
無料の生き方。

私の部屋ですね…

室内だと、
無料Wi-Fiの電波が
入らないんですけど、

ガラっと、
窓を開けて
ベランダ出ると、

コンビニと、
飲食店が開放している
無料Wi-Fiの電波が

弱いけど安定して
入るんですね。

入るんですね…って
いうよりも、

入る部屋っていうのを、
わかっていて
借りてるんですけどね。

でもね、
無料Wi-Fiって、
通信量なのか、
接続時間なのか、
接続回数なのか、

なにかしら制限あって

あんまりひどい
使い方してると、
切れちゃうんですね。

まぁ、次の日には
リセットされて
問題なく使えるんですけど…


ですので、
無料回線で生きるには、

オンラインのうちに
パパっと10分間くらいで
やりたいこと済ませて、

普段は回線を切っておく。
Wi-Fiをオフにしておく。

「やりたいこと済ませて」
っていうのは、
どういうことか?

つまり、
オフラインでも
楽しめるように、
端末にコンテンツを
ダウンロードしておく。

回線がつながっているときに
ガッツリ、
ダウンロードして、

回線を切っているときに
ダウンロードした
コンテンツを楽しむ。

そのためには
スマホの空き容量を
ガッツリ確保しないとね。

でも、フツーは
確保しきれるもんじゃ、
ありません。

そんなときは
Micro SDカードの増設。



相場的には
32GBが送料込みで
550円程度。

回線無料で生きるには、
MicroSDの増設は
カナリ便利です。
必須といってもいいくらい。

32GBも増設すれば、
無料動画サイトで
動画コンテンツを
ダウンロードしまくって、
保存しておいても
ぜんぜん余裕ですね。

無料で動画をダウンロード
できる方法なんて、
クサるほどありますしね。

Googleアカウントすら
とってないから、
Google Playが
利用できない人には…

国産大人気
動画ダウンローダーの
Murakumo がおすすめ。
ChromeでDLと
インストールができます。

それに
オフラインでも
楽しめる無料アプリも
クサるほどある。


Googleアカウントも
設定せずに
中古スマホを使うなら、
Google Playの代わりに
APKpure を使えばいい。



ガラケー通話のみ
プランの人でも…

フツーにスマホを
持ってるけど、
ギガを節約したいと
考えている人でも…

盗まれるような
個人情報を
まったく含まない端末を、
別に、もう1台用意して、
無料回線生活を始めませんか?

貧乏でお金がないから
無料を選ぶわけじゃない

貧乏でお金がないから
無料を選ぶわけじゃない




貧乏でお金がないから
無料を選ぶわけじゃない。

払うっていう
行為っていうか、

手続きっていうか、

月額定額っていうか、

そういう契約がイヤ
なんですよね。

まぁ、その手の契約が
めんどくさいっていうか、

現物主義っていうか、
現金主義っていうか、

いわば、
ライフスタイルであったり、
考え方の違い。

別に貧乏で
お金がないってワケじゃない。

現物主義で、現金主義で、
定額期間契約を
したがらない、

めんどくさがり屋さん
だからこそ、

端末には
個人情報を入力してない
はずなのです。

その手のサービスを
利用してないはず。
登録してないはず。

そんな生活だからこそ、
通信には
極度に強力な
セキュリティは求めない。

ほどほどでいい。

それならば、

中古スマホと
コンビニ無料Wi-Fiで、

無料インターネット生活。

月額契約とかしなくていい。

そのために必要なのが…
中古スマホのような、
格安の端末。
私は、送料込み
2000円以下を基準に
選んでます。
その程度で充分だし。

盗まれるような
個人情報を
まったく含まない端末を、
別に、もう1台用意して、
無料回線生活を始めませんか?

守るべき情報を
持たない端末なら、
どんなに危なそうな
オトナ向けサイトも
なんの弊害もなく
利用できますよね?

ニュートラルな回線で…
ニュートラルな端末で…

不特定多数が
制限なく使用する回線で…

個人情報をまったく含まない
端末で利用する。

これがホントの
匿名性って思いませんか?

なんでも無料…って、
思考だからこそ、
匿名であることが
重要なのかもしれませんね。

無料Wi-Fiと、
格安中古スマホと
Murakumo の組み合わせ。

コンビニ行って
パパっと落として、
帰って楽しむ。
でも、無料。完全匿名。
これぞ、貧乏ライフ。

個人情報カラッポで
SIMも挿さってない端末
だからこそ、匿名。

自分で契約してない回線…
勝手に飛んでる
無料Wi-Fi電波
だからこそ、匿名。

匿名端末を
匿名回線で使う。

だからこそ、
1台持っておきませんか?


以上、カテゴリトップの
貧乏一人暮らし へ戻る。