貧乏脱出

貧乏やめたいなら、
やめちゃえば?


貧乏脱出

貧乏に
いざなう見えない黒幕…。

貧乏じゃない人は、
若くして気づいただけ…。

気づきが積み重なって、
効率が上がる。

「気づき」が人を
「築き」ます。

高い効率とは、
泥くさい試行錯誤を、延々と
実践した人だけの特権です。

試行錯誤で得た、
膨大な「気づき」を持つ人。

それは…
「失敗」を全て
「経験」に変えて
「成功」にしてしまう人。

「泥くさい」過程は
ある意味、
当然なんですね。

そこから
逃げなければいい。

それが、いつしか
「特権」に変わるのです。

「経済的価値」が
跳ね上がるのです。

ここは、自分の

経済的価値とか
経済的立場を
変えてしまう

貧乏脱出方法のメニューです。

「立場」を変える。
そして、
貧乏やめたいなら、
貧乏をやめる。

貧乏っていう「役割」で
「居つづけること」を
やめる。

ちなみに、
「貧乏」っていう役割は
自分の意志で
自由にやめられます。

貧乏を、
やめたいなら
やめちゃえば?

貧乏を、
続けたいなら
続けちゃえば?

貧乏に、
なりたいなら
なっちゃえば?

単純に自分の意志。
選択の問題だったのです。

選択の自由。

日本って、やっぱり、
自由の国なのです。

「貧乏」って、
プロフェッショナル。
「貧乏」っていう
社会的な「地位・職業」
「ジョブ」であり「クラス」

貧乏やめたいなら、
貧乏っていう役目を
引退できるっていう
選択の自由があるのです。

もちろん、
「現役の貧乏」を
続けるっていう自由も
選択できるんです。

いまこそ、
現役続行か?
現役引退か?

決断の時です。

貧乏やめたい



大きな声では言えない
社会のホンネ




年収240万円時代の
私を実例とした、
貧乏やめたあとの
思考の変化について語ります。

結局、
年収240万円は「結果」
だったんです。
それまでの「思考」と
「行動」の結果。

年収300万円、
さらに400万円に
なっていくことが
できたのは
「思考」を変えたからです。
思考の変化がもたらした
「行動」の結果。

「思考」を「変える」
いままでと真逆に変える。
それが苦しい。

変えたあとの幸福のため
「変える瞬間」の時期が
チョット苦しいのです。

変えてしまえば
あと、むしろラクチンです。

だって、変わってしまえば、
貯金なんて意識なく
口座に余る額が増えるだけ。

収入の増加スピードに
消費の増加が
追いつかなくなるから
結果として、
口座にお金が余るだけ。

「お金」を「増やす」こと
「だけ」にしか
お金を使わないから、
必ず、お金が余る「だけ」

赤字にならない
生き方するから、
黒字にしかならないだけ。

貧乏やめたいって
思ったから、
貧乏人の役割で生きるのを
やめただけ。

だって、貧乏って役目に
もう、疲れたんだもん。

だから、
現役の貧乏を引退しただけ。
もう、現役引退したんです。

物資を増やすために
お金を使う?
お金を増やすために
お金を使う?

貧乏やめたいなら
やめちゃえば?



貧乏脱出法・中級

貧乏さんが物が多いのは
なぜですか?

それが理解できると
勝手に貧乏がやめちゃえる。